みなさまはじめまして。今回発表させていただくのはインターネットでも話題のロレックスのオーバーホールを皆様にわかりやすく公開していきたいと思います。ロレックスのオーバーホールについて詳しい人がまとめ記事をブログにUpしたりしていますので参考となる優良サイトも豊富です。ロレックスのメンテナンスや修理、もしくはロレックスの修理工房に関する話はネット上にかなり情報があるものです。
この話題をまとめるにあたり参考にさせていただいたのはパテック55WATCHマクロミルtokei-fun.netロレックス買取査定Piazoなどです。

ロレックスのオーバーホール(O.H.)は4年に一度程度はすべきです。 ただしロレックスが徹底的に実用性があるといわれるのはオーバーホールなどのメンテをしないで 放置しても問題なく動作し続けてしまうところにあります。 それはそれで凄いのですが動作するからといってオーバーホール不要なわけではありません。 部品は確実に摩擦で消耗しているのです。 さらに詳しく知るならこちらをご参考に。腕時計の修理はロレックスのオーバーホールの判断基準がわかりやすくまとまっています。
そのほかにもGmarketこちらのページも参考にしてください。
オーバーホールはメーカーに出すのが一般的ですが値段は割高なことが多いです。 メーカー以外の修理工房でも問題はありません。 手抜き修理をするような工房は永く営業を続けることはできずに淘汰されてしまうものです。
今回の記事はどうでしょうか。多くの人が詳しくなりたいと考えていた話題だったでしょう。